求める人材像について

前向きに仕事に取り組める方と働きたい

社員には「一度でも大きな達成感や充実感を味わうことができれば、
自分自身が大きく変わる」と言っています。
その経験のためには困難な挑戦があるわけですが、
この時、考え方を変えるだけで先に進むことができます。
いやだと思ったらそこで止まり、やってみる価値があると思ったらそこから進みます。
この違いによって、人生に大きな差が出てくると思います。
そして、「どうせやるなら楽しくやってほしい」と伝えています。

目的を成し遂げるには、相応の努力が求められます。
その時、上の世代の価値観で努力を押し付けてはいけません。
若い人は若い人なりの価値観で努力してほしいと思います。
上の世代の役割は、それをしっかりとサポートすることだと考えています。

エントリーはこちら

エントリーはこちら